井伊谷城(静岡県)

静岡県
04 /21 2016
浜松大好きなんです。
景色は素敵だし食べ物は美味しいし城は多いし。

特に浜名湖が好きです。
我が家は父による手作りのアサリ捕獲用ザル(?)を装備するほどの潮干狩り好きで、
関東近辺では浜名湖産アサリが一番美味しいという結論に至ってます。
(浜名湖は関東じゃないけど)

最近は不漁が続き潮干狩りできる区域も制限されてるとかで・・・
早く昔のように美味しいアサリがわんさか捕れる浜名湖に戻ってほしいですよね。

と、浜名湖とアサリへの熱い思いを少々語ってしまいました。

iinoya1.jpg
(龍潭寺HPより)

さて、来年2017年の大河ドラマは柴咲コウさん演じる「おんな城主 直虎」

その舞台となる井伊谷(いいのや)は浜名湖のすぐ上。

iinoya2.jpg

上 というか 北(笑)
わかりやすいね。この図。

ここら辺が井伊氏が支配した井伊谷です。

iinoya3.jpg
(2枚とも奥浜名湖観光協会HPより)クリックで拡大

黄色の○が井伊谷。

ryotan7.jpg
(龍潭寺前の案内図)クリックで拡大

今回は井伊氏の菩提寺であり直虎さんゆかりの龍潭寺
井伊氏の居城である井伊谷城に行って参りました。


まずは井伊谷城から。

11世紀初頭に築かれ、井伊直政が彦根に入城するまで500年に渡り井伊氏の拠点だった城。
井伊氏の歴史は非常に過酷なもので、
井伊谷城も奪われたり奪い返したりと、直虎さんの時代にも騒然とした記録が刻まれています。


iinoya4.jpg

城山への入口。

井伊谷城はこんもりとした城山に主郭があり、
麓の平坦地に二ノ丸、三ノ丸が広がってたようなのですが
現在遺構は頂上に建物跡の盛り上がりが見られる程度です。

井伊谷はもうすっかり直虎さん一色で(;^ω^)
ここにも真っ赤な旗が気持ちよくはためいていました。

城山は舗装された遊歩道が続いてますが・・・傾斜がキツいので結構つらい。
途中すれ違ったお年寄りグループの皆さんはゲッソリとしながら下っていました。

ネットの情報では楽々登れるみたいに書いてあるけど、決して楽々じゃありませんよー


iinoya7.jpg

遊歩道脇を覗くと竪堀のような跡が。
砦谷と呼ばれてたそうで、天然の堀だったんでしょうか。


iinoya6.jpg

城山稲荷


iinoya8.jpg

3月中旬だったので河津桜は見頃を過ぎてました。
でも青空とピンクと緑がとても綺麗♪


iinoya9.jpg

何も書いてなかったけど曲輪跡かな?


iinoya10.jpg

本丸到着。


iinoya16.jpg

建設途中の物見台。
大河放送に向けてあちこち手直ししてるみたいです。トイレも改装中でした。

この横のベンチでおじさんが一人ずっとお弁当食べてたので撮りにくかった・・・


iinoya15.jpg

搦手門があったらしい位置から本丸を眺める。

左の盛り上がりが建物があった所(御所丸跡)です。


iinoya12.jpg

御所丸跡。

南北朝動乱の折、
後醍醐天皇の皇子、宗良親王が井伊氏に庇護されここに住んでいたので御所丸。

そんなに広くないのでここより麓の井伊館の方が快適そうです。

しかしなぜこんな巨石がごろんごろんと?


iinoya14.jpg

井の宮石陵跡。

宗良親王の墓跡といわれてます。
陵墓は明治になってから井伊谷宮に定められたので、それまではここに祀られていたのでしょうか。

世が世なら皇族として何不自由なく静かに暮らせていたでしょうに。
史上最強の天皇を父に持ったばかりに波乱の人生を歩むこととなった宗良親王。

御所丸跡も石陵跡も朽ちた木碑があるだけで淋しい限り。
直虎パワーで早急に整備されることを願います。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

アクセス
 ・公共交通機関
    JR東海道本線浜松駅からバス、井伊谷下車、徒歩約20分。
    
    とありますが、浜松駅からだとバスで1時間くらいかかるので
    天竜浜名湖鉄道の金指駅からバスの方が良さそうな。(金指からだと徒歩でも40分くらい)
    天浜線楽しいですよ~ お時間ある方は是非どうぞ♪

 ・車
    城址のすぐ近くの引佐多目的研修センタ-の無料駐車場を利用できます。


女性の一人歩き度 ★★★★☆

傾斜はキツいですが公園として整備されてるので危険な箇所はありません。
登って休んで降りて1時間かからない程度。
ただしあまり人はいません。

来年は大河効果により人出は増えると思いますが、
山城であることを忘れぬよう注意したいものです。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ