小田原城天守閣耐震改修工事の見学会

おだわら散策
03 /08 2016
昨年7月から始まった小田原城の耐震改修工事。
今年5月のオープンに向けて作業もいよいよ大詰めのようです。

3月6日(日)に工事中の天守閣の見学会がありまして、
定員50名ですからクジ運のない私は絶対外れる!と確信していたのですが
応募者多数のため時間帯を二つに分ける、という粋な計らいで無事に参加することができました♪


tensyu13.jpg

当日の資料。
チラシがかっこいい!


tensyu1.jpg

現在は上の方だけ足場が外れています。
この状態の階段を登れるだけで貴重ですよね。


tensyu2.jpg

工事中なので全員ヘルメット着用です。
このヘルメットが意外とフィットしてしまい危うく被ったまま帰りそうになった私。

ここは1階。
江戸時代の小田原城の様子が展示されるそうです。


tensyu4.jpg

案内をしてくださるのはブラタモリにも出演されてた小田原城天守閣館長の諏訪間さんです。


tensyu6.jpg

2階は小田原合戦の展示。
合戦をイメージした赤色が使われています。


tensyu7.jpg

展示内容の一部。


tensyu8.jpg

3階と4階。こちらは甲冑や刀剣類が展示されます。

中4階みたいで曖昧だった箇所は今後はちゃんと4階!と呼ばれるそうですよ。
確かにちょっとわかりにくかったですよね・・・ここ。


tensyu9.jpg

そして5階。最上階の摩利支天像の空間。

江戸時代の天守閣最上階に安置されていた小田原の守り神である摩利支天像は廃城後、
永久寺→天守閣売店前のガラスケース内
という道を辿られたそうでρ(-ω-、)

私も全然知らなくて・・・
なんかケースの中に金太郎みたいな像があったような・・・程度の認識。

このたびこの立派な空間に天守七尊と共に再び祀られることになりました。


tensyu10.jpg

ここでは棟梁さんの説明がありました。
摩利支天の空間は全て小田原市内の木材を使用しているそうです。


tensyu12.jpg

将軍柱という名の太い柱の断面。
辻村農園さんの森林で伐採されたものです。


tensyu11.jpg

大工さんによるカンナの実演。
お土産に絹のように美しい木屑をいただきました。いい匂い~


関係者の皆さま、今回は貴重な体験をさせていただき本当にありがとうございました。
5月のオープン楽しみにしています。(すごく混みそうですが・・・)


ブログランキング・にほんブログ村へ