湯坂城(神奈川県)

神奈川県
02 /22 2016

湯坂城は箱根湯本駅近くの湯坂山にあり、鎌倉古道として賑わった湯坂路を取り込んだ山城です。

yusaka8.jpg

いきなりですが二郭に立つ説明板。

小田原攻めに対し北条氏が築いたイメージが強いですが元は大森氏の城。
このあたりの山城の歴史=大森氏の歴史です。


yusaka9.jpg

またまたいきなりですが函嶺洞門です。

昭和6年に完成、箱根の玄関口として愛されてきましたが昨年平成26年にその役割を終えました。
現在は通行禁止となっています。

この橋のちょうど上が湯坂城。


yusaka7.jpg>

新しくできたバイパスから見る函嶺洞門。
季節外れになっちゃいますが昨年の紅葉です。

なお函嶺洞門はこの地の旭橋、千歳橋と共に土木遺産として国の重要文化財に指定されています。


yusaka6.jpg

函嶺洞門の前に無料の駐車場がありますので、車で湯坂城にお越しの際はご利用ください。
ただ、休日は混雑します。道路も渋滞します・・・


yusaka1.jpg

無料駐車場から湯本方面へ100mほど下ると湯坂路入口。
この狭い坂道を登っていきます。


yusaka2.jpg

湯坂城までは30分ほどのウネウネとした急坂。
写真のように石が崩れてる箇所もあって歩きづらいです。

湯坂路は城から先は普通の山道になるんですけどこの30分がキツいの(´;ω;`)
ですから箱根からの下りに利用されることが多いです。
子供の頃の遠足でもそうでした。

この日ハァハァと歩いてたらトレイルランニングって言うんでしたっけ?その方達数名に華麗に追い抜かれたんですけど、
さすがに彼らも歩いてました。
あっという間に見えなくなりましたが。


yusaka3.jpg

やがてなんとなく遺構らしき雰囲気が。


yusaka4.jpg

やっとこさ平坦地に到着。ここが第六郭です。
倒木に座ってしばし休憩。。

yusaka10.jpg

箱根をめぐる古城30選―ガイドブック (かなしんブックス―箱根叢書 (17)) より

この本、小田原近辺の城好きなら皆さんお持ちかと思います。
昭和62年発行なので情報は古いですがその古さがかえって役立ったり面白かったり。
いや、ほんとお世話になってる本です。


yusaka11.jpg

六郭にはこのような案内標識が立ってます。

城の中央を貫いてハイキングコースが通っており、五郭四郭は薮で見えず。
三郭は相当広そうなのですが整備されてないのでよくわかりません。


yusaka5.jpg

二郭の手前の食い違い堀切。

写真だとわかりづらいのですが現地では割とハッキリ確認できます。


yusaka12.jpg

二郭の土塁。
冒頭で紹介した説明板があります。


yusaka13.jpg

二郭は堀に囲まれた狭い郭なんですけどハイキングコースを通すためほとんど埋められていて
なんだか一番広い空間になっちゃってます。

説明板の位置も元は堀ギリギリって感じ。


yusaka14.jpg

ちょっと下がって一郭方向から見た二郭。
この辺も深い堀切だったんですね。


yusaka16.jpg

一郭は薮が刈られているので中を歩けます。
ここだけはハイキングコースが郭の外を通っているのでわかりやすい。


yusaka15.jpg

土塁の上から。

広い土塁なので櫓でも建ってたんでしょう。
湯坂城には「三間矢倉」が3基あったそうで、三間というのがどのくらいなのかピンとこないんだけど・・・
一郭ならかなり大きなものが建ちそう。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

アクセス
 ・箱根登山鉄道「箱根湯本」駅から徒歩10分で湯坂路入口、入口から城までは30分ほど。
 ・車の場合は函嶺洞門前の無料駐車場に止めてね♪

以前、地図を見ると「塔ノ沢駅」の方が近くない?なんて聞かれたことがあるんですが
塔ノ沢駅はもう箱根山中にあるので・・・たぶんすごく大変になってしまいます。
というか降りたことありませんっ 塔ノ沢

どうか素直に箱根湯本で下車してくださいませ(;^ω^)


女性の一人歩き度 ★★★☆☆

人気のあるハイキングコースなので平日でも人は多いです。
湯坂城だけ見て下るなら特に危険はありません。(熊もいません)

ですが上にも書きましたように足元の悪い急坂です。
それに短い距離でも一応箱根の山、一人で登ってる女性はまず見かけません。
なるべくどなたかとご一緒がよろしいかと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ