上田城 その2(長野県)

長野県
10 /11 2015
上田城のつづきです。

ueda28.jpg

真田神社を出たところでおもてなし武将隊の皆様と遭遇。

とても明るくて元気な十勇士でした。


ueda29.jpg

本丸跡。

本丸は上段と下段があり、下段に真田神社、上段はこのような広い芝生地。
この上段の周り三方を土塁が囲み、各隅に櫓が建てられていました。


ueda47.jpg

本丸土塁。
わたくしは土塁の上を歩くのが大好きでございます。


ueda48.jpg

土塁の外側には水堀が見えます。
実に気持ちのいい土塁散策。


ueda30.jpg

隅櫓跡。


ueda33.jpg

本丸土塁を降りると西櫓に突き当たります。
最初に駐車場から見えたあの現存櫓です。
本丸西虎口を守っていた櫓で、ここを出ると再び二の丸。

上田城の櫓は全部で7つあってこれが唯一の現存。
しかも真田氏に代わって城主となった仙石氏の大改修による江戸時代初期の建築です。

現在上田城で見られる石垣はほとんど仙石氏時代のもの。
もちろんその後の修復や改変はあるにしても、古いのに全体的に状態がいいなぁ~と感じました。


ueda32.jpg

西櫓の石垣。
こちらにはほとんど人がいませんでした。


ueda49.jpg

西櫓石垣から駐車場を見下ろします。
この櫓下は千曲川の支流が流れる尼ヶ淵と呼ばれる一帯で天然の水堀となってました。
現在は川はなくなってしまいましたが断崖絶壁の面影は十分に感じられます。

こういうのってサマーウォーズっぽい雰囲気ですよね^^
(陣内家はここではなく砥石城という山城がモデルですが)


ueda34.jpg

二の丸西側にある花木園。
二の丸の土塁を利用して作られた庭園です。


ueda36.jpg

花木園の土塁の外には深い二の丸堀が残ってます。
東側の二の丸堀は線路になった過去があるので改変著しいのですがこちらは逆に荒れ放題・・・でもこの方が嬉しいかも。


ueda37.jpg

二の丸西虎口。
小泉橋があり、この向こうは小泉曲輪で百間堀という巨大な水堀が北に続いてました。
(現在は陸上競技場、体育館などの施設になってます)

なんで小泉?と思いましたら
元々この地は豪族小泉氏の所領だったそうで、その城館跡が小泉曲輪と呼ばれたみたいです。


ueda38.jpg

二の丸にある旧グラウンドゴルフ場。
奥に土塁が残ってます。


ueda39.jpg

グラウンドゴルフ場の横には招魂社。
こちらにも土塁が続いてます。


ueda40.jpg

二の丸北虎口。

二の丸の虎口は全部で3ヶ所。
ここの石垣は一部現存ですがほとんどが復元のため唐突な雰囲気が否めません。

でも虎口の位置が残っていて復元できる状態にあるというのは素晴らしいことだと思います。


ueda42.jpg

二の丸北虎口土橋に残る石樋。

資料に「木樋から石樋に変えたい」という幕府への修復願いがあるそうで、
江戸時代は幕府の許可なしで城の修復をするのは御法度だったのですが、そんな細かいことまでいちいち聞かにゃならんの~?と気の毒になってしまいます。

幕府のお役人もさぞ忙しかったことでしょう。


ueda43.jpg

二の丸から見る本丸土塁の隅欠(すみおとし)
鬼門(丑寅=北東)除けのために土塁の隅を削り、更に土塁上に2つの櫓を建てて隅が生じないようにしていました。

鬼門忌避は現代まで続く日本の思想で、古くから都市や城郭では鬼門方角の塀や建物の隅をなくしたり、神社や像などを配置して不吉が入り込むのを防ごうとしています。

ですから上田城に限ったことではないのですが、上田城の場合はそれが顕著でわかりやすい例ですね。


なお、市が復元を急いでいるのがここの2つの櫓です。
この位置に復元されたらすごーくカッコいい!楽しみだなぁ~



*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

女性の一人歩き度 ★★★★★

上田駅から徒歩15分。
バスも通ってるそうですがサマーウォーズに出てくる街並みや遺構を眺めながら歩くのが楽しそう。

車の場合は絶対に櫓下の駐車場が良いです。
ただ土日祝日はいっぱいになっちゃうかも・・・

危険度は全くナシ。
人気の高い城なので平日でも人が多くて賑やか♪