興国寺城(静岡県)

静岡県
09 /18 2015
北条早雲の旗揚げの城として知られる興国寺城

でも早雲は興国寺城を与えられた時はどこかを征服する野望なんてまだなかったでしょうし、
この城自体の当時の機能が不明な点も多いし、旗揚げの城と呼ぶなら韮山城の方がふさわしいような気がします。


早雲の生まれ年は永享4年(1432)と康正2年(1456)の2説があります。
永享4年ですと興国寺城に入ったのは56歳ということに。
早雲が大器晩成、中年の星などと言われるのはこの年齢のためなのですが、
その年に嫡男氏綱が生まれ、4男長綱(幻庵)が生まれたのは62歳、小田原城を奪ったのは64歳、三浦氏を滅ぼしたのが85歳・・・
大器晩成どころかバケモノ的に精力的な爺さんです(-∀-`; )

早雲には5~6人の子供がいたとされてますので(北条家は子宝に恵まれてます)
他のことがどうとかよりも、最初の子が56歳の時っていうのがおかしい。あのお猿さんといい勝負。なんか気持ち悪っ

近年の調査で康正2年説が有力になり、そうなると、
興国寺城が32歳、小田原城奪取が40歳、三浦氏滅亡が61歳とまぁ頷ける年齢(。-ω-)ウンウン

やはり康正2年説が真実なのでしょう。いや、真実であってほしい。


さて、興国寺城は静岡県沼津市にあります。

koukoku25.jpg

現地案内板の興国寺城絵図。こういうものがあるとわかりやすいですよね。

koukoku8.jpg

さらにわかりやすく航空写真もありました。なんと親切な(´;ω;`)


koukoku2.jpg

城に近づくといきなりこのような本丸土塁が見えてきます。
デカいです。こんなデカい土塁はそうそうありません。

koukoku3.jpg

本丸北側の土塁。もはや山です。
土塁の上に天守台、櫓台があります。右手の木が繁ってるところが穂見神社。


koukoku6.jpg

本丸の横、道路を挟んだ場所に石火矢台と呼ばれる平地があり、駐車場として使われています。

奥の高台は土塁のようですが・・・あまりに綺麗なので違うのかも。


koukoku5.jpg

石火矢台の北側の土塁はこんな感じに切られています。
ダイナミック~土塁~~


koukoku4.jpg

本丸に建つ穂見神社。
興国寺城が廃城になってからずっと後、安政年間に地元の方々が五穀豊穣を願って建立したそうです。


koukoku7.jpg

初代城主北条早雲と最後の城主天野康景の石碑。

天野康景さんは家康の家臣として有名な方ですが
北条氏滅亡後に興国寺城の城主となっていたとはわたくし知りませんでした。

盗みを働いた領民を殺した家臣の引き渡しを拒否して出奔!改易!廃城!最後は南足柄市沼田の西念寺で死去。
これも全然知らなかったので現地の説明板を読んで驚いてしまいました。
とても公明正大で信念を曲げない方だというのはわかるのですが、だからって出奔って・・・ で、廃城って・・・
北条や今川、武田が目まぐるしく争ったこの地も、江戸時代になってからはそれほど重要性がなくなっちゃったのでしょうか。

西念寺は小田原市内から車で15分ほど、付近に親類が住んでるので私には馴染みの深い地です。
天野さんのお墓も西念寺にあるそうなので今度お参りに行きたいと思ってます。


koukoku10.jpg

穂見神社横の急な階段を登り土塁へ。


koukoku11.jpg

天守台の石垣が残ってます。が、草が多くてよく見えませんっ


koukoku13.jpg

天守台の礎石。礎石にしては形も並びもいびつっ

koukoku14.jpg

西櫓台と伝わる場所。


koukoku15.jpg

西櫓台から見た本丸。土塁が途切れてる向こうが二の丸。さらに向こうの民家があるあたりが三の丸。

二の丸で大規模な三日月堀が発見されて話題になりました。
目まぐるしく支配者が変わった興国寺城ですが、あんな立派な三日月堀が発見されたんだから~
もう武田の城ってことで手を打ちましょうよ。ねぇ


koukoku18.jpg

本丸裏の大空堀。

なぜか中央に立ち入り禁止のあんなのが置かれてますが、全然立ち入り禁止じゃないですよね。
なんで置いてあるんだろう?足元注意ってこと?素直に引き返しちゃう人がいたらもったいない。

右に見えてる階段の上が北曲輪(の一部)ですが、薮だらけでとても歩けたもんじゃありません。お願いだから草刈って~~


koukoku16.jpg

上の写真から手前(東側)の空堀。


koukoku24.jpg

西側の空堀。

途中幾つかの横穴があって、帰宅後に調べたら防空壕とのこと。
なんと世の中には防空壕マニアの方がいらっしゃるんですね。内部の写真も紹介されててビックリ。
危険なのでマニア以外は入らないようにしましょうね。


koukoku19.jpg

興国寺城で一番有名な場所ではないでしょうか。
大空堀の西先端です。

荒々しく削られた岩盤、鬱蒼と木々が茂り、昼なお暗く幻想的な空間でした。


koukoku21.jpg

大空堀を抜けるといきなりこのような平地に。

(*゚0゚)ハッ ココは!
さっき道に迷って来ちゃったとこーーってデジャブ。

私、城の手前の道路で左右間違えちゃいましてね・・・(だって案内板が曖昧なんですもの)
最初にこちらに来ちゃったんです。


koukoku22.jpg

で、今来た大空堀の入口(出口)は?と振り返ったらこんな・・・穴!(笑)

まさかこの向こうに大空堀が広がってるとは誰も気づきませんよね。
でも子供の頃ここに住んでたら絶対に秘密基地ごっこしてただろうな。
いいな~ここの子達。


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:


女性の一人歩き度 ★★★☆☆

電車の場合は東海道線原駅または沼津駅からバス、「東根古屋」下車。

国指定史跡にしては整備が進んでなく見学できる範囲が狭いので1時間もあれば十分です。
(というか、周囲の様子はよくわからなかった)
伊豆のドライブ帰りに寄るのがちょうどいいかも。
急斜面はありますが危険度は少なく疲れるほどではありません。

星3つなのは人が少ないこと。
日曜日に行きましたが私以外誰もいませんでした。
特に大空堀は深く、周囲から全く見えない所にあるので少し怖かったです。