新井城(神奈川県)

神奈川県
09 /11 2015
雨で延期になること1週間、先日ようやく新井城に行くことができました。
晴れたのは良かったものの・・・暑かったですぅ(暑がりでスミマセン)


新井城は三浦市三崎町、小網代湾と油壷湾に囲まれた半島にありました。

araimap1.jpg

Google earthで見るとこんな感じ。
現在では東京大学三崎臨海実験所と京急油壷マリンパークの建物が城址のほとんどを占め
また関東大震災による地形の隆起のため遺構は海沿いに堀や土塁を残すのみとなっています。

araimap2.jpg

なお、散策するのにこちらのサイトの図がとても役に立ちました。
航空写真と見比べると主郭や曲輪の様子がよくわかりますよね。


マリンパークに駐車して(付近に無料の駐車場はない)
まずは上の図の西曲輪あたりから荒井浜に降りてみました。

arai16.jpg

マリンパークの施設横の細道(堀跡っぽい)を下ると荒井浜に出ます。
「日本の水浴場88選」に選ばれている透明度の高い美しいビーチ。


arai1.jpg

9月だけど暑い日だったので人が多かったです。
静かで安全な入り江だし都心から近いので穴場かもしれません。
水着持ってくれば良かったかも・・・


arai17.jpg

ここだけは安全ではないんです。海食洞と呼ばれる海水の浸食による洞窟。
落石の危険があるので立ち入り禁止のロープが張られています。

でも断崖の地層が綺麗ですよね^^

新井城は半島付け根にある内引橋以外は三方が海で断崖に囲まれてます。
北条軍相手に3年も籠城できたのはこの地形のためです。
 

arai18.jpg

荒井浜を進むと東京大学の敷地に出ます。
この手前に籠城を支えた千駄櫓があったはずなのですがよくわかりませんでした。
ここも曲輪跡なのかな?


arai2.jpg

東大敷地から主郭の土塁沿いに遊歩道があります。
窓に草が絡んでてもう使われてないような建物。廃墟マニアが喜びそう。


arai3.jpg

主郭への虎口らしき場所。
右側の坂(土塁)の先は立ち入り禁止です。


arai4.jpg

土塁に沿って遊歩道は続きます。
昔は歩道なんてもちろんなく、このあたりも断崖絶壁だったそうです。

私、土塁に登ってみたんですけどm(_ _;)m 建物が一つあるだけで薮だらけでした。


arai5.jpg

立ち入り禁止の門の奥にある空堀。
ここが新井城遺構のメインではないでしょうか。

国有地だからこそ開発を免れたと言われてますが、
こんなに立ち入り禁止ばかりでは城ファンとしては残念ですし地元での認知度も低いようです・・・

もう少し公開日が増えるといいですよね。


arai7.jpg

遊歩道を抜けて道路に出ます。
この場所に内引橋が架かってて下は深い竪堀でした。

現在でも道路の両側に堀の名残が見られます。


arai9.jpg

竪堀の跡に作られたっぽい試潮場への道。


arai10.jpg

油壺験潮所。
日本水準原点の標高を検定するための国土地理院の重要な施設です。

すごく・・・狭い(;´∀`)


arai11.jpg

験潮所周囲の油壷の風景。

大勢の兵士の血で油のように黒く見えたことからその名がつきました。
悲しい歴史です。


arai13.jpg

三浦道寸(三浦義同)の墓。

満潮時でなければ海岸から行けるそうですが、この時は大変そうだったのでマリンパーク駐車場から。
切り立った崖の上の狭い平地にあります。

もはやこれまでと門を開け放って打って出た三浦軍。
息子義意に劣らない怪力の名将道寸は敵の首をねじ切って捨てるなど武勇の誉れを残し
最後は腹を十文字にかき切って自決しました。

脇に箒など掃除用具があって、地元の人がいつも綺麗にしてる様子が窺えます。


arai14.jpg

墓の周囲の崖下には胴網海岸が見えます。
道寸の息子、三浦氏最後の当主三浦荒次郎義意の胴を網にかけて回収した海岸だとか。
(よく、道寸が最後の当主と思われてますが実際は義意が家督を継いでます)

義意の首は先日書きましたように小田原まで飛んで行った(?)ので胴だけが海岸に落ちたんですね。
沖に流される前に見つかって良かったです・・・(*´;ェ;`*)

となると、義意が自決したのはここなのか?と思いましたが
言い伝えによるともう少し西の方、義意の墓があるあたりが自決の地のようです。


arai15.jpg

新井城碑。
マリンパーク駐車場奥の目立たない場所にあります。

城碑の左にちょこっと見えてるのが三浦荒次郎義意の墓。
実はこの場所を管理しているお寺が「撮影禁止!」の立て札(壊れて転がってたけど)を出してるので・・・
さすがに遠慮してこの程度の写真にとどめることにしました。

義意殿は私の地元の氏神様、日頃の感謝の気持ちを込めての今回の訪問でしたので
このくらいは許してくださいませ。


*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

女性の一人歩き度 ★★★★☆

半島周囲がハイキングコースになってるので歩きやすく危険度は少ないです。
多少勾配のきつい箇所がある程度。
海岸では満潮と落石にご注意を。


電車の場合は京急線三崎口駅から油壷行きバスで15分ほど。
車の場合も油壷マリンパークを目指せばいいので迷うことはないと思います。

毎年5月終わりに開催される「道寸祭り」など、東大敷地内の公開日がありますので
その時を狙って行くのもいいと思います。

真夏は海水浴客で混みそうなので避けた方が無難です。
むしろ海水浴のついでの城訪問!がおススメ^^