伊豆水軍城を眺めるクルージング

静岡県
10 /14 2017
西伊豆ドライブは景色が綺麗でとても楽しいですが、
海岸線にずらっとあった水軍基地に思いを馳せながら走るともっと楽しいです。

西伊豆海岸はリアス式に入り組んでおり、所々の入り江は古くから良港となってました。
ここに至るまでの遠州灘は砂丘が広がる難所なので、船人は伊豆半島に入るとホッとしたそうです。
(なんとなく・・・逆かと思ってた)

入り江の港にはそれぞれの領主による小規模な水軍組織があり、戦国時代になると伊豆に進出してきた北条早雲の傘下に入り、
北条家臣団の伊豆衆、伊豆水軍としてあちこちの戦場で活躍しました。

港周辺は時代による改変が激しいので伊豆のような田舎でも水軍城の遺構は少なく、
保存状態がよく見学しやすいのは
長浜城(国史跡)
丸山城
白水城
下田城(市史跡)

くらいでしょうか。

あとは藪だらけで整備されておらず遺構を探すのは大変そう。
ネットを見ると行ってる人もいるんですけど・・・私は嫌なので今のところは上以外はパスしてます。

資料にはあっても所在地不詳な城も多く、
土肥神社に伝わる足利基氏の書とされる感状(基氏伝帖)には
高谷城主富永備前守以下11人の城主の名が挙げられていますが、城址が確認されてるのはその内4つだけです。

izusui6.jpg
(土肥町教育委員会「土肥の富永一族」より)

この古文書は年代がおかしいこともあって信用度は低いのですが、西伊豆に11くらいの水軍城があったのは間違いなさそうです。


izusui3.jpg
高谷城

土肥の港から北に見える山が高谷城跡です。
発掘調査もされており、縄張図を見るとかなり広い城だったことがわかります。
手前の麓、温泉旅館が並んでるあたりに城主富永氏の屋敷がありました。

富永氏は北条五家老の一人、青備として知られ江戸城や栗橋城を任されていた重臣です。
北条五代記などにはしょっちゅう出てきますので大変お忙しく優秀な一族だったようで。
その富永氏の本拠地がここ土肥でした。


izusui1.jpg
富永氏の菩提寺 清雲寺

izusui2.jpg
富永政辰夫妻と政家の墓(中央)



高谷城から土肥金山を経て3キロほどに富永氏の支城、丸山城があります。
丸山城は一応訪問してるので別記事で。

丸山城から10キロほど南下すると熊野水軍からの助っ人、梶原氏率いる安良里城。
そして山本氏の田子小松城。
どちらも行ってません行けません遠くから眺めてるだけ。


堂ヶ島から先も城址はあるのですがやはり入る気はしないので・・・

izusui4.jpg

入れないなら海側から城を眺めてみようではないか!ということで堂ヶ島でクルージングです。
水軍気分を味わうのです。

洞くつめぐりはいくつかコースがあって、この日は雲見上の山城を見たかったので50分間の「千貫門クルーズ」


izusui8.jpg

高速クルーザーであっという間に沖に出ます。気持ちいい^^
(暑いので船内から撮ったらちょびっと窓が写りこんでしまった)


izusui9.jpg

水軍の皆様も時には洞窟に入って遊んだりしてたのでしょうか。


izusui16.jpg

左手の入り江が仁科。中央海側の山に安城山城がありました。
右の大きな建物があるところが松崎町。沢谷城がありました。
どちらも場所は未確定なので今後の調査に期待したいです。


izusui10.jpg

雲見上の山城。
基氏伝帖にも書かれている高橋氏の居城です。

海に突き出た標高160mの烏帽子山には物見台があり、連なる山上の平地に城がありましたが遺構はほとんどないようです。


izusui11.jpg

烏帽子山には雲見浅間神社が鎮座しており、山頂までの参拝コースはその険しさと絶景で人気の観光スポットとなってます。
でも近頃すっかり高所恐怖症の私は写真を見るだけでクラクラ・・・ 絶対登りたくありません。

左手回ったところが雲見海岸。水軍の船着き場でした。
西伊豆の海岸はどこも美しいですが雲見はその中でもピカイチ! 癒される美しさです。

「千貫門クルーズ」は波勝崎まで行って、最後に有名な青の洞くつに入って終了。
50分間あっという間でした。


雲見の先、村田氏の領地だった妻良。
村田氏の城は名称も場所もわからなくて

izusui13.jpg

港から少し入ったところの三島神社あたりが居館跡だといわれています。

この神社、境内は小さいけど建物や狛犬が変わってて面白いんです。
さらに水軍の痕跡を伝える重要なモノが・・・


izusui14.jpg

北条水軍妻良衆の力石!


izusui15.jpg

これがなぜ今日まで伝えられているのか不思議感でいっぱい。
でも何もないより嬉しい。

伊豆半島の最南端、石廊崎の白水城はちゃんと見学してますのでこちらも後日に。


余談ですが、、
西伊豆には 妻良(めら)、安良里(あらり)、田子(たご)、宇久須(うぐす)、三津(みと)などなど
適当に当て字しちゃったような変わった地名が多くて「アイヌ語みたいだなー」と思ってたのですが、
伊豆にアイヌ人がいた説はわりとメジャーなんだと最近知って驚いてます。
本当にアイヌ語だとしても普通はもう少し転訛しそうなものですけど。

詳しく調べたら面白そうですよね。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村