方広寺の五百羅漢

静岡県
06 /29 2017
奥山氏館跡からさらに奥へ、井伊谷の龍潭寺からだと車で10分くらいでしょうか。
臨済宗方広寺派の大本山である深奥山方広寺に着きます。

創建1371年。
開基は奥山朝藤。
しのさん(ほんとはひよさんらしい)の父、奥山朝利の3代前の当主。
開山は無文元選。
なんと後醍醐天皇の皇子。元で修行を重ねた超セレブな名僧。
こんなすごい僧を招けるなんて奥山氏の力っていったい。


なお、大河ドラマでおとわの修行シーンが撮影されたのがこの方広寺です。


hoko3.jpg

黒門(総門)
この奥に受付があります。拝観料は大人400円。

hoko16.jpg
(方広寺HPより)

境内はこんな感じです。
黒門から本堂まで15分くらい。


hoko4.jpg

赤門(山門)


hoko5.jpg

宝暦年間の住職によって発願されて以来、境内の至る所に五百羅漢が置かれています。
古いものから新しいものまで物凄い数です。
必ず自分に似た羅漢さまに出会えるとか。


hoko6.jpg

hoko7.jpg

昭和の頃まではこの羅漢像を盗んで庭の飾りものにしてた不届き者がいたそうです。
これだけたくさんあるから1体くらい、、と思うのでしょうか。罰当たりにもほどがあります。

その後地元の人達の協力もあり、全ての羅漢像の年代や位置が細かく調査されました。


hoko8.jpg

五百羅漢を眺めながら歩く沢道は実に気分爽快。


hoko10.jpg

椎河竜王のお堂。
すごいところに建ってる・・・


hoko11.jpg

やがて見えてくる本堂。


hoko14.jpg

静岡県最古の木造建築物。1401年建立の七尊菩薩堂。国の重要文化財。
明治時代の大火で伽藍のほとんどが焼失してもこれだけは残ったそうです。
ここまで古い建物はなかなか見れないので感激。


hoko15.jpg

半僧坊真殿

方広寺は別名「半僧坊」と呼ばれていて、なんでかな?と思ってたら
寺の鎮守が半僧坊というそうで。

半僧坊は開山の無文元選禅師を慕って弟子入りした高い鼻の異人で
その正体は神様だったんですって。(本堂でビデオ見て驚いた)

神様が弟子って・・・凄すぎます無文元選さま。


hoko17.jpg

焼失後、明治38年~大正7年にかけて竣工された本堂。
カメラに納まらないほど巨大。


hoko18.jpg

本堂のお庭には最近寄進された真新しい羅漢さまがいっぱい。


hoko19.jpg

でね、わたし、出会ってしまいましたの。自分に似た羅漢。



この壊れた宝篋印塔を「え?」って顔で見てる羅漢さま。
寒川の生往寺でバラバラ宝篋印塔見てショック受けた私そのまんまじゃん(笑)

いやぁビックリビックリありがたや
まさか姿かたちでなくシーンとしての自分に出会えるとは~


にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村