大平新城(静岡県)

静岡県
05 /26 2017
笠原新六郎の裏切りによって戸倉城を武田に奪われてしまった北条は、
戸倉城より狩野川沿い3キロほどの大平の地に後退、大平新城と出城山を築き武田勢に備えます。

ohira8.jpgクリックで拡大
(静岡古城研究会「静岡の城跡 中世城郭縄張図集成」より 城館分布図に加工加筆)

戸倉城と大平新城の位置関係をわかりやすく示したくて、静岡古城研究会の城館分布図を重ねて加筆。
私にしては上手くできたと思ってます。ポイントは狩野川を青く塗ったところです(^^;
この本には大変お世話になっておりまして、方向音痴な私はもうこの本ナシでは駿河を歩けないほど。
静岡古城研究会の皆様、本当に本当にありがとうございます。



上の図でおわかりのように尾根道沿いに新城と古城があるのですが、古城が発見されたのは平成10年とのこと。
昭和がつい最近だった私にとっては平成10年なんてほんの昨日です昨日。

永禄12年(1569)武田に追われた今川氏真が掛川開城後に流転して所縁の深い大平に辿り着き、
その時籠ったのが古城の方ではないかと言われています。
今川が新城方面を使っていたかどうかは不明。

天正9年(1581)に北条が新城を築いた際に古城も一緒に整備されて使用していたようですが、
時代が流れるにつれ古城の方は土地の人達からも忘れ去られてしまったのでしょうか。


ohira1.jpg

大平新城は円教寺の裏山にあります。


ohira2.jpg

本堂右手、城址入口にある説明板。


ohira3.jpg

入ってすぐの墓地の高台はもう城域です。

ohira9.jpg

縄張図はこんな感じ。またまた静岡古城研究会さんよりです。
上の高台は(3)の曲輪。

ohira4.jpg

(3)の曲輪南側の堀道跡。

降りた先は蔵があった場所で今でも南蔵と呼ばれています。


ohira7.jpg

南蔵の道祖神。
大平地区の道祖神は丸々とした単体の像が多くてかわいい。


ohira6.jpg

山の神とお稲荷さん。
穴みたいな不思議な場所にいらっしゃいます。もしかしたら蔵の跡なのかも。


ohira10.jpg

(1)本曲輪。
城址碑のあたりが虎口。なんとなく屈折した土塁跡が見えます。

右手に浅間神社があって、そちらからも城址に入ってこれます。


ohira11.jpg

この説明の丁寧さ複雑さ(笑) というよりなんかおかしい・・・

ところで私が一番気になったのは新城新三郎です。


ohira12.jpg

(5)へ入る道。


ohira13.jpg

(5)の曲輪。
徳川家康の側室、お万の方が祈ったと伝わる七面堂があります。

お万の方の祖父は大平新城の城主も務めた北条氏尭で、まぁいろいろあって・・・中略、、
一時期この地で暮らしていたんですね。

なお、円教寺にはお万の方が使ったお椀が残されてるそうです。


ohira15.jpg

七面堂の横にこんな岩盤の土塁?が。
狼煙台ではとの見方もあるらしいです。


ohira14.jpg

こういった七不思議は実は一つしかない

と最近学習しましたわたくし


ohira16.jpg

七面堂から戻り、Yの字の尾根を南に進んですぐの平場。
韮山城へ狼煙をあげた場所だと説明があります。


ohira17.jpg

さらに進むと堀


ohira18.jpg

さらにもう一つ堀。
こちらは畝もあって大きな堀です。


この先にある大平古城のことは後ほど。

いやなかなか大変でしたわ大平古城・・・


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村