裾野市深良・・・大森氏発祥の地

大森氏をたずねて
03 /30 2017
大森氏のかんたん系図~

 藤原道隆━藤原伊周━忠親(母伊勢氏)━惟康(高橋姓)━親康━親家(大森姓)

伊周の孫にあたる高橋惟康が三河高橋庄(だから高橋姓)の次に駿河藍沢庄国司に着任、赤子の森に館を建てました。
藍沢庄とは三島から黄瀬川沿いに北上する地域で、赤子の森があったのは現在の裾野市深良。
一族は繁栄し親家の代に赤子の森近くの大森山に城を築き、土着して姓を大森に改めました。
親家は建久4年(1193)に鎌倉に仕えたらしいので、大森姓を名乗り始めたのもその頃でしょうか。

以降大森氏は早雲に小田原を追われるまで13代続き、
大森氏初代の親家から7代藤頼までを駿河大森、8代頼明から13代藤頼までを小田原大森と分けて呼ぶこともあります。
(注意:7代藤頼と13代藤頼は別人)




大森氏発祥の地である裾野市深良。
深良といえば深良用水が有名ですが大森氏のことはほとんど知られていませんよね・・・

この地にあったという居館跡は幾つか候補があって、まずは南堀という字にある興禅寺。


omoriyama1.jpg

霊亀山興禅寺
「駿河志料」によると大森氏開基と伝わるものの古くに記録を焼失とのこと。


omoriyama2.jpg

立派な山門は江戸時代初期のもの。
陣山と呼ばれる背後の山に館の遺構があります。


omoriyama3.jpg

寺の右手墓地の見事な土塁。

最初は本堂の裏から急傾斜を登ってしまって(笑)・・・墓地から行けば楽だったのね。。


omoriyama9.jpg

虎口かもしれない。


omoriyama8.jpg

段々となってる曲輪。
ところどころ私有地で立ち入り禁止が多いのでご注意を。


omoriyama10.jpg

どこまでが遺構か、いつの時代の遺構かわからないのですが美しい小道です。


omoriyama5.jpg

新しい墓地が作られてる広い平地。ここが一番広いので主郭でしょうか。
居館というよりはほとんど山城です。


omoriyama7.jpg

主郭(だと思う)の土塁。


omoriyama6.jpg

主郭(たぶん)から下方を見る。
堀のような川のような・・・
土地の方が使ってる橋がありました。私有地なのでこれ以上は入れません。

立ち入り禁止の張り紙がほんとに多いんですよ。
それだけ迷惑しているからなのでしょう。皆さんマナーは守りましょうね。



居館と伝わるもう一つは西安寺。
興禅寺から北へ400mほどの切久保という所。近いです。

omoriyama11.jpg

大森山西安寺
こちらは残念ながら遺構と伝わるものは残っていません。

門横に最近建った石碑があり
甲斐駿河両国の国司を命ぜられた藤原惟康がこの地に荘園を構え菩提寺を建立、
親家に至り姓を大森と改める、
明応元年(1492)大森式部少輔氏頼が中興開基となり寺を当地に移す、

と大変わかりやすく寺の由来が書いてあります。

西安寺開基の詳細はわかっていませんが惟康が建てたことは確かなようです。
寺は元々切久保から少し北の上原にあって、だいぶ時が経ってから氏頼が現在の地に移したんですね。
上原には今でも赤子神社があるので、惟康が最初に建てた赤子の森の館はその辺りだったのでしょうか。

なお西安寺については保田宗良先生が「岩原古城と住民」の中で
御殿場線がまだ蒸気機関車だった頃、山北駅からの下り線が西安寺付近でしょっちゅう立ち往生してしまい、
見かねた僧侶達が作業員や乗客におにぎりを振る舞っていたと心温まるお話を書いていらっしゃいます。

西安寺は線路のすぐ脇に建っていて当時は参道もなかったそうで、
昭和に電車に替わった際、寺の長年の好意に感謝して線路敷の一部が参道として寄進されたそうです。



大森山はこの西安寺のさらに北600mほどにあります。
主郭には現在深良中学校が建っていて

omoriyama12.jpg

omoriyama13.jpg

こんな感じで・・・全くわかりませんし入れません。
道路沿いには「防犯カメラあり」などの注意書きがたくさんあり、ウロウロしようものなら瞬時に通報されてしまいそうです。

それにしてもこんな淋しい山の中に中学校を建てるなんてちょっと驚き。
私の通った中学校も山の中だったけど住宅が多いからまだ良かった。ここは周りに何にもないんです。暗くなったら怖そう。
老婆心ながら生徒さん達がすごく心配になってしまいました。


ということで
不審者に間違えられそうな人はここへは来ない方が無難です。


にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村