お得な博物館♪「三島市郷土資料館」「富士かぐや姫ミュージアム」

イベント、博物館など
02 /01 2017
rakujyu4.jpg

昨年秋から富士、沼津、三島の3市博物館共同企画展「駿東・北伊豆の戦国時代」が催されています。
が、すでに沼津と富士は終了。
この手の話題は私の気づくのが遅いこともありいつもこんな調子でスミマセン・・・
富士市では2月26日までやってます。

私は富士市と三島市の展示にはなんとか行くことができました。
(なぜか中間地点の沼津だけ行けなかった)

どちらも小規模ではありますが内容が濃く、
特に三島市では山中城について詳しく展示されてて

rakujyu5.jpg

rakujyu6.jpg
(三島市郷土資料館企画展「駿東・北伊豆の戦国時代 北条五代と山中城」より)

宋閑寺のお墓、手前の重臣達の墓までちゃんと紹介されてて嬉しい
間宮氏の娘、お久の方の資料があって嬉しい

とか、個人的には細かいところでニヤニヤしてました。


ところで、
三島市郷土資料館は楽寿園という公園内にあります。

rakujyu7.jpg
楽寿園HPより)


楽寿園は明治23年築の小松宮彰仁親王の別邸「楽寿館」を中心とした広大な公園。

rakujyu2.jpg

楽寿館入り口。

館内見学は1日6回と決まってるので希望者は時間前に玄関先で待たなければいけません。
ツアーが始まるとガイドさんが鍵を閉めてしまうという念の入れよう。
そのおかげで少人数で静かに見学できます。

保存状態が素晴らしく良くて襖絵や天井画が息を飲むほど綺麗。
三島に来たら絶対立ち寄るべきだと思っとります。


rakujyu3.jpg

小浜池から見る楽寿館。
今の時期は渇水してるので・・・荒れ果てた屋敷に見えちゃいますが。

この付近は地盤が溶岩で(園内は溶岩だらけ)、池はその隙間からの湧水によるもので、
昔は常に水があったんだけど現在は環境破壊などで満水になるのはわずかな時期だけだそうです。

rakujyu9.png
楽寿園facebookより)

お水がある時はこんなに素敵なのよぉ。。



富士かぐや姫ミュージアムは広見公園に。

rakujyu8.jpg
富士山かぐや姫ミュージアムHPより) 


富士市の博物館はいつの間にかリニューアルされてその名称も「富士かぐや姫ミュージアム」!と、
なにやらどこかの怪しい博物館実はお土産屋さんのような・・・

かぐや姫は月ではなく富士山に帰ったのだという伝承を富士山信仰と共にアピールすることにしたそうで。
富士山だったら徒歩で追えそうな気がしますが、洞窟に入って神様化しちゃったので手が出せなかったみたいです。
富士山の神様といえば木花咲耶姫ですから、やっぱりかぐや姫は木花咲耶姫だったんでしょうか。

光と影を使ったかぐや姫物語の展示が美しかったです。(しかも無料)


ミュージアムの周囲はふるさと村歴史ゾーン。
古墳から竪穴式住居、江戸時代の古民家や門、モダンな近代建築まで
富士市の古い建物をまとめて移築復元しちゃったよ~というすごい広場になってます。


rakujyu10.jpg

rakujyu12.jpg

rakujyu11.jpg

rakujyu14.jpg

rakujyu13.jpg

まるで歴史テーマパーク。面白いったらありゃしない。

古い建物の保存、管理には非常な手間と費用がかかりますので
こうやって一箇所にまとめちゃうのはいい考えですよね。
あちこち見に行く手間も省けるし、お写真撮るのにもいいんじゃないかしら。



三島市郷土資料館も富士かぐや姫ミュージアムも
博物館だけでなく同園内の他施設が素晴らしく充実してるので普通の博物館よりずっと楽しい♪

というか、お得です!


にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村