吉田城(愛知県)

愛知県
01 /20 2017
今年最初の城めぐりは愛知県豊橋市の吉田城でした。

実は私、この城のことほとんど知らなくて。
東海道の吉田宿で吉田藩があって、確か模擬天守が建ってるらしい・・・程度。

正月休み中の5日、豊川稲荷詣での帰りに、あら?この近くに模擬天守があったはずよぉ~
とたまたま寄ったんです。
最近は下調べなるものを割としっかりやるようになっていたのに、今年は最初がこれでは先が思いやられます。

だから遺構なんてほとんどないと思い込んです。スミマセン・・・


行ってみてびっくり。
堀がある!石垣がある!
そして

yoshida1.jpg

これって模擬ではなく立派な復興櫓ですよね?(天守じゃなかった)
しかも石垣は現存っぽい。(ぽいじゃなくてそうだった)


櫓内を見学できるのは10時~15時、月・火曜日は休館。
石垣に立って豊川を眺めてたら「あと10分で閉館ですよ」と声をかけられ慌てて入りました。

時間が短い上に週2日もお休みがあるとはなかなかリスキーな櫓ですな。


yoshida10.jpg

中はパネル展示の多いプチ資料館といった感じ。
ジオラマもあってようやく吉田城本丸の全体像が把握できた私。

あぁ、それにしても10分しかなかったので・・・じっくり見れなくて非常に残念。


yoshida3.jpg

展示されてた吉田城絵図の本丸を拡大。
上のジオラマと逆向きになります。

4つの櫓と3つの門があって、復興されているのが鉄櫓です。
鉄櫓の向こうの川手櫓は本丸石垣の下、豊川スレスレに建ってます。
本丸の規模の割には櫓が多いので、さぞや壮観だったのではないかと。

建物は失われましたがこの範囲の石垣はほぼ残っています。


yoshida18.jpg

こちらも展示パネルから。吉田城の全容。
三の丸には市役所など建物があって、本丸と二の丸含む敷地が豊橋公園となってるようです。


yoshida4.jpg

冠木門跡から橋を渡り南御多門跡へ。

現在残る城跡はもちろん江戸時代吉田藩のもので
吉田城の前身は永正2年(1505)一色城主牧野古白が今川氏親の命で築城。
当時は今橋城と呼ばれていました。

でも牧野古白は翌年この今橋城の戦いで討死。
その後、西三河争奪戦の拠点として城主がめまぐるしく変わる変わる・・・とても書ききれない。
落ち着いたのは天正18年(1590)秀吉による天下統一後に池田輝政が入城してから。

戦いのためにつくられ、戦いに明け暮れていた城だったんですね。


yoshida5.jpg

千貫櫓があった石垣。
堀がしっかりと残ってるのでカッコいい眺めです。

なんか・・・すごい所に城碑が。


yoshida19.jpg

城碑の立つ千貫櫓跡から橋を見る。


yoshida7.jpg

辰巳櫓へと続く石垣の上。

石垣の上を歩くの好きなんですよ。

yoshida13.jpg

本丸の堀。


yoshida8.jpg

裏御門跡。


yoshida11.jpg

川手櫓跡。
川ギリギリですよね。増水で流されたりしなかったのかしら。

この櫓の横に長屋があって、その下の川に面した石垣には埋門があって船着き場があって。

楽しい^^


yoshida9.jpg

見上げると鉄櫓~ヒェェ


yoshida12.jpg

本丸北側の豊川による日常的背水の陣。


yoshida16.jpg

川に続く堀。


yoshida20.jpg

時間がなくて本丸以外はよく見れなかったのですが、二の丸や三の丸にも土塁や堀が残ってる場所があって。
これは二の丸の堀(現在は道路)の石垣。


yoshida17.jpg

三の丸の堀。

駐車場からすぐのところなので嬉しくって、公園の通路無視してこっちをズンズン進んでしまいました。


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵

少々バタバタの訪問となってしまいましたが
思いの外良い城に巡り合えて(なんちゅう言い回しww)
大変楽しい今年最初の城見学となりました。

小田原からだと豊橋あたりが西方面の日帰りの限度かなぁと実感。
(北は川中島あたりかと)

昔は名古屋城も犬山城も日帰りで行ってるんですけどね・・・
ホラ、車に乗ってるだけで膝痛になるお年頃ですので。


にほんブログ村 城・宮殿